導入実績

在庫管理システム導入実績

システムでの適切な在庫管理で、過剰在庫、欠品を防ぎます。

導入前の課題

手作業で情報管理をするため、データの入力ミスや二重入力、 誤ってデータを削除するなど、実在庫と帳簿上の情報が合わないことがありました。
また、どのくらい発注・受注するかというのは、自分なりの分析と経験によって決めている所が大きく、数字で管理して正確な需要分析がしたいと考えていました。

導入後の効果

バーコードやQRコードを利用し、システムで在庫管理することで、どの商品をどこに保管したのかすぐに分かるようになりました。 以前のように手入力ではなくなったため、作業のミスを大幅に軽減することが出来ました。 また、システムに在庫のあらゆる情報が蓄積されているため、仕入れた時期と販売できた時期をリアルに確認でき、 需要分析をしやすくなりました。

受発注管理システム導入実績

システム導入で受注残管理をスピーディーに実現します。

導入前の課題

受注・発注のメールや電話などのやり取りが多く、作業に時間を取られることが多かったです。 データの入力にも人出や手間がかかり、入力ミスが発生する事がありました。 また、紙での伝票管理のため手配漏れが起きることもあり、煩雑な業務をどうにか効率化出来ないか模索していました。

導入後の効果

システム化により受注残・発注残の「見える化」を実現。ミスが減る事で、余剰在庫、欠品が少なくなりました。 受発注システムを活用する事で電話やFAX、メールなどの作業やエクセル等への転記コストがなくなり、発注業務全体を効率化できました。 取引先・注文ごとの進捗も可視化されたため、過去の履歴も一元管理されるため進捗や履歴の管理が効率化されました。